彩りある暮らし

ARTICLE PAGE



骨折でも膝痛でも整形外科選びを間違うと余計な出費と時間を無駄にすることになるので気を付けたいこと

整形外科選び2

高齢化や団塊世代の影響で最近の整形外科にはお年寄りや中年の方がいっぱいでいつも混んでいるため

もしかしたら骨折したかも?膝に水が溜まって歩けない、もう我慢できん、等で

口コミ(ネットではなくて近所の人や友人、知人の評判等)で聞いた整形外科へ午後に行ったりすると

待ち時間が2~3時間位になることがあるのをご存知ですか?

でも待ち時間が気が遠くなるくらい長くてもそれだけ患者が多い、評判の良い整形外科に行かないと

通院して治療して湿布を貼っても治らなくて結局はまた病院を変えることになるんです。

つまりは治らなかった整形外科に通院した交通費、治療代(レントゲン含む)、薬代等、

それに費やした時間が全部無駄になってしまうわけです。

私は昨年、危うく最初に行った整形外科でそうなりかけたのですが、すぐに間違いに気付いて何とか治療終了しました。

スポンサーリンク


私が本格的に整形外科に通院したのは10年位前の真夏のことです。

歩けなくなるほど痛むわけではないのに

膝に違和感があって何となく膝の上辺りが膨らんでいるような感じ、

もしかして、これが水が溜まった状態なのかも?と気付いて、


とにかく歩き辛いので、その時は各部位の担当医が違う評判の良い整形外科に行きました。

今から10年以上前ですが、それでも1時間以上は待たされたと思います。

整形外科は問診でどこが痛いか?聞かれて必ず先にレントゲン撮影があります。


診察で、やはり私の膝に水が溜まっていたので先ず水抜きをして(これがかなり痛い)

ヒアルロン酸注射の治療で数回通院したらすっかり水は抜けました。

が、その時の主治医が半月板が損傷しているかもしれない、ようなことを口走ったのですが

水が抜けたら普通に歩けるようになったので私はそこで半月板損傷を聞き流して通院終了。


整形外科選び1


その後は特に膝が痛むこともなく、それから5年位経ったまた真夏の7月下旬に

今度は我が家の物干しにしか使ってないウッドデッキが劣化して板が抜けたところに片足が落ちてしまい、

落ちていく片足を何とか持ち上げようと咄嗟に腕で支えたら、上腕にすごい力がかかってしまい、

足は何とか持ち上げましたが左上腕が痛くて、段々腫れて肩より上がらない状態になり、

嫌な予感がしたので昼食後すぐに今度は以前とは別の評判の良い整形外科に行ってみたら、


それが、平日の午後なのに激混みで受付をしてから2時間半位待ったのですが、

左上腕はどんどん痛みがひどくなり、動かせない状態でやっとレントゲン撮影をして

診察室に呼ばれたら、手術着っぽい恰好の主治医(K先生)がレントゲンを見ながら


「左上腕が剥離骨折してるね、ほらっ、ここの部分が薄っすら剥離してるでしょ、全治1ヶ月かな」と説明されて


すぐに骨密度測定に行かされて、問題無しで

左上腕を湿布して動かないように固定、それを更に三角巾で吊られてやっと帰宅。


生まれて初めて骨折したことがショックなのと痛いのでかなり落ち込みました。。。


それに夫には何度もウッドデッキが劣化しているから直してほしいと頼んでおいたのに

ちゃんとウッドデッキを直してくれていたら骨折なんてしなかったのにと思うと悔しくて・・・


そこでこれはまずいと思ったのか?夫は翌日、すぐにホームセンターへ行って

ウッドデッキ用の板を買ってきて今までグズグズしていたのがウソのように

テキパキとウッドデッキを直しているのを見るとまたムカつくわけです・・・


できるならもっと早くやれよ! 

あまりにもムカついたので整形外科の送迎、家事は全部やってもらいました。



で、その手術着っぽい恰好の主治医(K先生)は外来が混み過ぎて診察が進まないので

手術したあとにたまたま応援で?外来の診察に入った医師だったのですが、


説明が丁寧でわかりやすくてとても感じのいい方で

それから通院を続けて主治医の指示通りに徐々に腕を動かしたりしていたら

最初は少しリハビリ通院が必要かもしれないと言われていたのに

肩もすっかり上がるようになったので、これならリハビリ不要となり、

結局、全治4週間でした!その後、1年位肩をねじるとやや痛かったのがストレッチで完治しました。


しかし、その整形外科はかなり人気があったため、

毎日、診察順の整理券を配布しているのですが

その整理券をもらうために朝の6時台に行って午前7時から整理券配布、

午前8時半から整理券の順番で診察順受付開始、午前9時から診察開始、となり、

とにかく早く終わらせるためには整理券をもらうのが大変でしたが

最初だけ3日おきでその後は週に一度の通院になり、

ウッドデッキのせいで骨折したので全部夫に行ってもらったので私は楽でした!


整形外科選び4


そして左上腕剥離骨折から3年後、

今度は真冬の2月に右膝が痛みだして、一時はまともに歩けなくなってしまい

真冬で寒くて積雪があるし、骨折とかではなく膝だからということで

近所の空いている整形外科に行ってレントゲン撮影等した結果、

変形性膝関節症と診断されて、O脚と加齢と真冬に長靴で大型犬の散歩を続けたのが主な原因と言われました。

ここでは半月板損傷の疑いや診断は一切出てきませんでした。


湿布薬を貼って安静にしながらリハビリ通院するようにと言われたのですが

何しろ膝が痛むし、股関節まで痛むようになりろくに歩けないので雪の中をリハビリ通院は無理で

ひたすら安静にしていたら少しずつ痛みは消えて治っていきました。


その後も何かすると痛むことはありましたが安静にしてると治っていたのでそれで乗り切っていたのが

昨年の5月のGW明けにGWで運動不足だったのと増えた体重を減らそうと

頑張って毎日エアロバイク45分を続けていたらまた右膝が痛み出したので

中止して安静にしていたのに今度はなかなか治りません。。。


5月中旬から痛み出して、7月下旬にはとうとう水が溜まってしまいました。

水が溜まるともうしょうがない抜くしかないのかな?

でも水抜きだけなら空いている整形外科でいいかな?と

3年前に変形性膝関節症と診断された空いている整形外科に行きました。


問診、レントゲン撮影、膝の曲げ伸ばしをで診察した結果が

やはり変形性膝関節症でした。


で、明らかに水が溜まっているのにその空いている整形外科の医師は(小さな整形外科なので医師は1人です)

「水は抜かない、抜かなくても治る良い湿布薬が発売されたのでそれで治す」と言うのです。


私はエェー!何で抜かないの?かなり溜まっていると思うのだけど本当に治るのかよ!


私のこの疑いは的中しました。

その医師が処方した市販薬で有名な大手製薬会社の高い湿布薬を10日分位貼り続けましたが

膝の水は一向にひかず、痛みも殆ど治りません・・・つまり全く快復傾向になってません。


このまま空いている整形外科に通院しても私の膝は治らないどころか悪化するかも?

そう思うと不安になり、居ても立ってもいられないので夫に頼みました。


「これはもうK先生に診てもらった方がいいと思うけどあそこは激混みだから整理券もらってきて」


自分がウッドデッキを直さなかったために私を骨折させてしまった負い目はやはり消えないのか?

夫はすんなりいいよ!と言って午前6時前に起床して整理券をもらいに行ってくれました。


それがちょうど1年前、去年の9月初旬でした。

私が骨折してから5年経った間にK先生は偉くなっていて相変わらず激混みでしたが

レントゲン撮影、膝の曲げ伸ばし等の診察の結果、


「変形性膝関節症だけど半月板損傷もしているからしばらく通院して治療しながらどうするか?になる」

という診断でした。

やっぱり半月板損傷してたか、気付かないから治らないはずだわ、あ~あんなヤブ整形に行って損した・・・


K先生はすぐに水抜きをして、ロキソニンテープを毎日貼ること、2週間後にまた来てね、と言われて

その後、もう一度だけ水抜きをしてから2~3週間おきにヒアルロン酸注射を続けていましたが

1ヶ月経ってもなかなか水がひかずに腫れた状態が続いたので

右膝の内側に負担がかからないように外出時は靴底に装具を入れた方がいいという判断で

外出用と室内用の装具を作りました。約2万円位ですが3割負担で戻るのでそれ程かかりません。


サイズを計ってくれた装具屋さんの話では、

まだ若くてもO脚の場合はやはり徐々に膝に負担がかかるから装具をすると楽なんだそうです。


装具は1週間で完成して外出時は必ず装具着用、毎日ロキソニンテープを貼って

その後も2~3週間おきにヒアルロン酸注射を続けたら11月頃には膝の痛みは無くなってきて

年明けの1月上旬には関西旅行にも出かけましたが、さすがにUSJを歩き回ったりすると

膝が疲れるのはまだ早かったです。


でも夏頃はこのままでは膝はどうなるのだろう?と不安だったのが旅行に行けたのがとっても嬉しかったです


整形外科選び3


そして年明けして春先には違う体調不良等もありましたが膝は結構良くなっていたので

その後は2~3ヶ月おきに通院しながら無理しない程度でエアロバイクをやったり、


膝に悪いこと、正座や階段の上り下りやしゃがむ等はやらずに

膝を伸ばしたり、曲げたり、のストレッチはやるようにしていたら

春以降は溜まっていた水がすっかり抜けて、膝の腫れも無くなり、

先日、ちょうど1年経った9月上旬に私の膝を見たK先生が

「水もすっかり抜けてるし、すごく良くなったから、今日で終了でいいよ!」


「また痛くてしょうがないようになったりしたら来て」ということで1年で治療が終了しました!


私の右膝は半月板損傷なのですが、歩けないほどではないので手術は必要無いそうで、

変形性膝関節症もありますがそれ程削れているわけでもないのでこちらも手術は要らないそうです。


どちらも完治したわけではないのですが、かなり悪いわけではなく

治療を続けた結果、予想以上に良くなったのでこの件はこれで治療終了のような感じです。


膝が痛み出してからかれこれ4~5年経って、本格的に治療開始してから1年で終了となりましたが

最初から迷わずK先生のところに行っていればもっと早く良くなったかも?水も溜まらなかったかも?


近所の空いている医師1人の整形外科は開院してまだ5~6年なのですが

実は近所の口コミでは、通院しても治らない情報を耳にしました。

整形外科は必ずレントゲン撮影があるので、初診料が結構高いわけです。

それを2回もしたのに一向に膝が良くならなかったからもっと早く変えるべきでした・・・


今若くてもO脚の人は加齢と共に変形性膝関節症になる確率が高いそうですし、

歳と共に転んでケガや骨折する確率も高くなります。

それらは突然起こるのでそんな時に良い整形外科を選べるように

普段からどこがいいのか?リサーチしておくことが大事だと身にしみました。。。

ブログランキングに参加しています。応援ポチしていただくと記事更新の励みになります!
にほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment