彩りある暮らし

ARTICLE PAGE



休みの日程が決まらず夏休み旅行予約に出遅れた場合の対処法

夏の北海道3

北海道でもそろそろお子さまの夏休みが始まります。

おとなもお盆休みが1ヶ月後、職場によって順番に夏休みを取る場合はそろそろ始まりますね。


そんな夏休みの国内旅行先人気№1は、やはり北海道なんです!

日本国内で真夏が1番涼しいのは北海道ですし、少し長い休みなら行ってみたい、そう思いますよね。


でも本州からの真夏の北海道旅行、それもお盆前後は1年のうちで1番高くて

東京、大阪等⇔新千歳、の特典航空券(マイルを使うタダの航空券)は

1番混雑するお盆の時期の行き帰り3日間位は設定されてないので使えませんし、

早期予約の旅割も1ヶ月前の現在はほぼ満席、それもかなり高いのにです。

だけど一度、行きたい!行きたい!モードになってしまった場合はやっぱり行きたいですよね?

スポンサーリンク


今は我が家は北海道札幌市在住でせっかく日本で1番涼しい場所にいるので

北海道から一歩も外に出たくないし、夏は北海道に住んでいて幸せだ!と心から思っています。


でも高校卒業して進学で首都圏に行ってから10年以上、北海道を離れていた時、

特に就職、結婚してから夏に北海道に帰省するのは本当に大変でした・・・


どうやって航空券を手に入れていたのか?よく覚えていないところもありますが

旅行代理店に手配したのにちゃんと手配できてなくて早朝の空港カウンターでJALの従業員ともめたこともありました。
(それから我が家はJALを利用しなくなったような気がします・・・)


そして北海道に着いて実家に少しだけ顔見せしてから

私達夫婦は「人が居ない場所に行きたい!」と、よっぽど首都圏の人の波にうんざりだったのか?

当時は外国人は見向きもしなくて夏は人が居なかったニセコに泊まってゆったりしたり、


昼間は結構気温が上がって暑くても午後4時過ぎになると今日に涼しくなる北海道が好きで、

10年以上住んでも夏の蒸し暑さにどうしても慣れなかった首都圏からとうとう引っ越してしまいました!


そうそう札幌市は「日経BP総合研究所」の調査によると、

「住んでみたい自治体」で第1位に選ばれるくらい、とても人気がある都市なんです!

夏の北海道2


でも住みたいと思った人がみんな住めるわけではなく、せめて旅行で行きたい、

それも夏休みを涼しく旅行がしたい、それを叶えるにはかなり前から準備が必要です。


ところが、我が家もそうですが、5月のGWが終わって6月までの頃なんて

まだいつ夏休みが取れるのか?仕事次第で何日になるのか?それもわからない人って結構います。


それでもキャンセルができるならもうその頃に航空券もホテルも全部予約しておいた方がいいのですが、

なかなかそうもいかなくて、先延ばしにしていると出遅れるわけです・・・

ツアーで行くにしても北海道ですから高いのは同じ、

というか、自分で航空券とホテル、レンタカーを予約するよりも高いことが多いです。


今からネットで探してもお盆期間は飛行機もホテルも満席、満室が多くて無理か

飛行機の時間帯が悪い、あるいは値段が高いものしか残ってないです・・・

夏の北海道1


それならば、お盆の1番混む期間を何とか少しだけ外す

例えば8月11日からの予定を1日ずらすだけで少し空席が出てきたり、値段も下がります。


それを2~3日ずらして8月14日~16日、にすると旅割も出てきて少しお安くなってきます。

でもやはり高いので、それを翌週の22日以降にするとお盆時期の片道分で往復分の飛行機代になります。


高くてもいいからどうしてもお盆時期に行きたい!方(8月11日の出発便の時間は午後ですが)

少しずらせるので安い方がいい方も、どちらも今からでも航空券は何とか間に合います!


ホテルは調べてみるとまだ1ヶ月前だから?札幌市内の人気ホテルでも

お盆時期もまだ若干空きがあります!

ホテルはまだキャンセルができますから探して見つけたらすぐに予約するとワクワク感が上がります。


航空券とホテルが予約できたら、広い北海道ですし首都圏ほど渋滞もないので

車を運転する人ならレンタカーで移動するのが楽で、人数分を考えるとお金もかからないと思います。


お盆の1ヶ月前でも諦めずに色々工夫しながら探してみることです。

首都圏よりは涼しくて、美味しいものが沢山あって、人気の観光地、北海道、ぜひお越しください!


暑いのが苦手で札幌に住んでるのに札幌も蒸し暑い、そんな時の対処法

ブログランキングに参加しています。応援ポチしていただくと記事更新の励みになります!
にほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ
関連記事

スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment